スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます!
惟心でございます.今年も宜しくお願いします!

昨年のC81に参加したみなさま,お疲れ様でした.
そして,「Broken Desk」へお寄りいただいた方々,
誠にありがとうございました!

ただいま実家ゆえ,戦利品の消化やサポート対応などは
下宿先に戻ってから(1/3夜あたり)から行っていこうと考えています.

今回の「LAST HARVEST C81 Trial Ver.」ですが,
おかげさまで作った分全てを頒布することができました.
前回から大幅にグラフィックエンジンを改良したり
操作性を向上させたバージョンではありますが,
体験ステージなどは前回のマイナーチェンジ版でかつ,
難易度が前回より大幅に減少してしまったため,
満足いかない内容と思われるかもしれません.
そのことについて深くお詫び申し上げます.

基本的なシステム基盤はメニュー画面以外ほぼ終了していますので,
残りのステージの作りこみとゲームバランスの調整に注力していきたいと思います.
できれば,今年の夏に完成版を出せるように頑張りますので,
どうぞ応援を宜しくお願いします!

at 14:49, 惟心, Broken Desk

comments(2), trackbacks(0), pookmark

まだ公式に告知できないっす...

C81まで1週間になりました!
が,まだ体験版マスタアップまでほど遠いです...

前回同様,1stステージの体験版を出す予定です.
グラフィックやシステム,操作等をちょっと変えたVer.です.
50部ほどもっていこうと思っております.
詳細は数日後に公式HPにて報告します.
本当は2ndステージのボス戦も体験版に盛り込みたいのですが,
ちょっと厳しそう...

とにかくあと数日死ぬ気で頑張ります.
リポD買いだめしておくか〜


余談:
とらドラ!のBlu-ray BOXを買ってしもうた...
化物語のBD-BOXと悩んだんですが,
何故かDVD全巻持ってるこっちを買ったというね.
好きだよ〜泣けるよ〜

at 02:23, 惟心, Broken Desk

comments(0), trackbacks(0), pookmark

げげっ,C81が迫っとる...

笑えない...
やばいよやばいよ!!

頒布物はC80体験版のグラフィックエンジン変えただけVerになるかもです.
+αをつけたいけど,それも間に合うか怪しいです.
C81一週間前くらいにはHPで頒布物について告知したいですが,現状どうなることやら...

思ったよりも研究関連で忙しい.加えて就活も始まりてんてこ舞い.
アニメなんて見てる場合じゃなかったorz

at 23:56, 惟心, Broken Desk

comments(0), trackbacks(0), pookmark

とらドラ!ニコ生一挙生放送

11/26〜27の「とらドラ!」一挙放送,ニコ生二夜連続スペシャル視聴終わった〜!
信者の僕にはたまらない時間でした!テンションやべぇ...

放送当時はもう毎週楽しみすぎて何にも手がつかない状態で,
紙の上に人間関係図を描いたりキャラの落書きをいっぱい描いたり,
劇伴や主題歌を耳コピしたり,ギターで(コードだけ)弾いたりしてたな〜.
見えない幽霊とか,傲慢でずるいとか,罪悪感の意味とか色々考えながら見てたねぇ...
原作もスピンオフまで全巻買ったし,DVDも全巻買って何度も見た作品なんですが,
やっぱり何度見ても面白いわー!

もうホント演出が反則.特に各話のEDの入り方がやばすぎる...
#2,#10,#13とED主題歌がオレンジに代わってからが特に好き.
日常描写が丁寧でありながら,それでいて起伏の激しい展開をするから面白い.
心理描写が素晴らしく,小物を使った演出や微妙な表情で心情を表現するからね.
セリフ回しだけでは話が読み取れない作りになっていて,
それでいて伏線も丁寧に仕込んであるから二度三度みると新たな発見があって良い.
BGMもほんといい.Lost my piecesとStartup,優しさの足音あたりは名曲ですな.

キャラに色を割り当ていて,これを追って見てみるだけでも面白い.
たとえば,オレンジ色(「ら」)は竜児で,作中での彼の傘の色がオレンジ色になってたり,
#10の花火のシーンで,竜児の持つオレンジ色の花火と実乃梨(水色「ド」)の水色の花火が
交差してたりとか,#19以降のヘアピンの色がオレンジ→水色のグラデーションになってたり...
ED2はオレンジ.イントロでは3つのオレンジから1つを選択する竜児の構図.
歌詞もオレンジ色に早くなりたい果実って...
アイキャッチ時の5文字が毎回違う場所で,回転してるのが変化してて,
これが現在の人間関係や各話の主役を意味しているとかしないとか...

原作と同時完結の影響で,最後の2話はアニメと原作で内容が異なるけど僕はアニメ派ですね.
(というか,全編渡ってアニメ派ですね.#8だけは原作のほうが好きかな?)
原作はちょっとホームドラマ臭がきつくて,恋愛要素は??って思っちゃったけど,
アニメ版はちゃんと実乃梨と亜美の失恋を描いていて非常に良かった.
生徒手帳の伏線もしっかり回収するし,星のくだりなりラストのロッカーなり,
とにかくアニメ版は完璧な終わり方で痺れましたね〜.

あー,なんかまた痛い記事になりそうなんでこの辺でやめとこう...
ホントいい作品だわ.名作っすね

at 02:35, 惟心, アニメ

comments(2), trackbacks(0), pookmark

PV Vol.2

PVという名の進捗報告動画を作ってました.
今まではCrystel Engineというフリーソフトを使ってたんですが,
訳あってというか,横浜の某電気屋でお兄ちゃんが一生懸命デモするので,
ついつい買ってしまったCorel Video Studio Pro X4を使いました.
今後もこれを使っていこうと思います.

いやねぇ,一枚絵のパンとか,オーバーレイの使い方とか,
トランジション,FX,エンコードとか聞きまくったんですが,
ちゃんと具体的なデモやってくれるんすよ.
あーきっとこの客,ギャルゲのOPみたいの作りたいのねって思ったんだろう.
方向性はきっとそんなに間違ってはないね.

話がそれましたが,以下がそのPV.
ふたつ貼りましたが...特に意味はない!

【ニコニコ】


【YouTube】

at 00:04, 惟心, Broken Desk

comments(2), trackbacks(0), pookmark

C81参加します

C81受かりました!

■ 12/31(土) 東地区“ピ”ブロック−28b
■ サークル名:Broken Desk

頒布物は引き続き「LAST HARVEST」の成果物を予定しています.
完成させたいけど,あと2ヶ月でなんとかなるのか...!?

進捗を当ブログやTwitter,公式HPで報告させていただきますので,
引き続き宜しくお願いします.

HPとブログを時間があったら早く統合したいなぁ...

at 01:30, 惟心, Broken Desk

comments(0), trackbacks(0), pookmark

第10回全ゲ連参加

久々のブログ更新〜.

昨日,全日本学生ゲーム開発者連合(全ゲ連)第10回交流会ならびに懇親会に参加してまいりました.
公式HPはこちら:http://d.hatena.ne.jp/zengeren/
エフェクト作成に関する講演が多かったので,
作業量削減のためになにかできないかと思い参加次第であります.

上野あたりで13:00開始とのことだったので,余裕をもって出かけたんですが...
最寄り駅の入谷に早めに着いたものの,出口を間違えてしまい,
地図を見るも現在地がさっぱり分からずで超迷いました...
着いたときにはすでに講演が始まっていたというね.

エフェクト作成に関するミドルウェアが二つ紹介されていて,
ひとつはオープンソースエディタ「Effekseer」,
もうひとつは話題の「BISHAMON」.

BISHAMONはプロ用のソフトウェアながら,個人用向けにも販売しており,
ツールが年間9,800円で買いきり49,800円.
加えてソフトウェアに組み込めるようにするSDKが19,800円.
機能性を考えるととてつもなく安価なわけですが,
(AfterEffects + Lightwave,Mayaなんかと比べたら)
でも,やっぱり学生には高い...

一方のEffekseerはオープンソースでライセンスも緩いので,
自由に改造できるし組み込みやすいのがメリット.
もちろんプロ向けじゃないし,できることは限られていたり,
UIやらドキュメントやらもBISHAMONに比べればはるかに劣る.
とはいえ,今の自分みたいにスクリプトを直接いじって,
ゲーム立ち上げてパラメータ修正を行っている方々が導入すれば,
相当作業量が減るのは間違いないでしょうね.
導入するならまずEffekseerかねぇ...
ただ今更エフェクト作り直すのは簡便なんで,
リソースなんかをうまく共存できるように改良する必要があるのがなぁ...

次に栗狐さんによるデザインや色彩に関するご講演がありました.
色に関する基礎知識から文字の可読性,素材の収集や作成方法,デザインの依頼の仕方など,
プログラマ目線での講演で非常に分かりやすくて勉強になりました.
懇親会では直接お話を聞くことができて光栄でした.
素材を集めて管理することもまた重要だということを身にしみましたね〜.
また,素材集めをしている人を二人以上見つけて互いに見せ合わせるっていうのはすごいと思った.
自分は仲介人になっておいしいところどりとか,色々と目からうろこでした.

4番目の仙波一さんによる講演は笑いの渦でした.
内容はGPGPUを使って流体力学を計算し,それをシューティングゲームに応用するといったものでした.
シューティングゲームの弾幕がカルマン渦作ってたりしてて,
プレゼンもちょくちょくネタをはさんでいたりと,
とにかくカオス過ぎてて笑いが止まらなかった.
質疑の時間では,物理学専攻してらっしゃった方(?)とのやりとりが,
専門用語多すぎて意味不明で笑えました.おまいら学会でやれ!

ライトニングトーク講演の一つ目は,AgateさんによるPhotoshopでエフェクトを作る方法の講演でした.
光彩やらグラデやら衝撃波が一瞬で作れるから楽よってのは伝わったんですが...
余りにも早いペースだったので具体的な方法が全然分からなかったですね(苦笑)
あとで資料また見よう.

二つ目はお餅さんによるインストーラの紹介でした.
全然簡単じゃない簡単インストーラとか,ちょくちょく笑わせる講演で面白かった.
オチも秀逸で,「まずはインストールさせる中身を完成させましょう!」ってww.
いやごもっともですけどね〜.
懇親会でもお餅さん,炎姫さんと3人で終了間際に少しだけですがお話できて光栄でした.
学生同士でやっと会話できたというちょっとした安堵感を交えつつ.
というか,懇親会社会人の方多くないですかー?
いつもより少ないとおっしゃってましたが,
自分の周りほとんど社会人の方ばっかりだったんですけど...

なにはともあれ楽しい一日でした.
おかげさまで,モチベも大分また高まったきましたし,
冬に向けて頑張れるかな!?

at 16:13, 惟心, Broken Desk

comments(0), trackbacks(0), pookmark

まどかマラソン終了〜!

まどかマギカBD第6巻(最終巻)が届きましたー!

まどか6巻

特典はサントラVol.3と収納BOXでした.
収録曲には,「もう誰にも頼らない」のBGM,OKTAVIA戦,ワルプルギスの夜戦,エピローグなどの
9話以降で流れるBGMを中心としていて,加えてコネクトゲームインストVer.などが収録されていました.
うむ.やはりどの曲も素晴らしい.BGMは本当に大事ですよね〜.
例え今日のように映像技術が進化しても,BGMがなければそれらも映えませんですし

作画の修正箇所は相変わらず多いのは言うまでもなく,
個人的には11話でEDが流れるのにびっくりした.
ここでMagia流すつもりだったのかよ〜って.
EDなしだったOA版とかなり印象が変わりますね.
というか,MagiaをBGMにするだけでBADEND臭が一気に増すなぁ...
実際はBADENDではないはずなのにね

オーディオコメンタリ中で2期をにおわす発言がされていたけど,どーなんだろ...
話の続編を作ったところで,魔女いないから普通の魔法少女モノになっちゃって独自性がないし,
過去の話や別の世界の話をやったところで,BADENDしか考えられないしね...
日常話をやればどこのひだまりスケッチ?って話になるし...
個人的にはシリーズ展開せずにこれで作品を完結させてほしいな...
まぁこれだけヒットしちゃったからアニプレがほっとくとは思えないが

なにはともあれ,久々にBDマラソン完走した!
来月からは財布の負担が軽くなるけど,ちょっとさびしいねぇ

at 23:35, 惟心, アニメ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

Steins;Gate 視聴終了!

※以下,ネタバレ込みの感想です.
超長文です.完全なる駄文.




「最初のお前を騙せ.世界を,騙せ.」


久々のTVアニメ完走.いや〜超面白かった!
ストーリーおよび各話の構成が本当に素晴らしいね.
1クール目で少しずつ積み上げてきた伏線というか仕込みを,
2クール目で順番に丁寧に回収していくのが非常に良かった.
そして,伏線を回収していく段階で第1話で提示していたものが
段々見えてくるというのが良かった.
さらに付け加えるなら,原作はノベルものでルートがある?っぽいけど,
それをあまり意識させない構成になっており,
一本筋の通ったストーリー展開を楽しむことができた.
これは原作の問題だけど,2000年に現れたとされるジョン・タイターを
モチーフにしていて,この手のネタが好きな人にはたまらないんだろうなと思いました.
(自分はあんまり詳しくないので,コレに関しては何も書けないんですがね...)

シュタゲはアニメ化知ったときから(去年の秋くらいかな?),
11年春で一番楽しみだったアニメだったんですよ.
(ちなみに次点がスタッフ的にあの花.とらドラ厨なんでw)
で,その頃は11年冬アニメは全く期待してなくて,
早く春になってくれないかなーと思ってましたね.
実際はまどかマギカとISという全く期待していなかった
両作にどっぷりハマってしまいましたが...(笑)

シュタゲに関しては簡単な事前知識は放送前からもっていて...
というか,まどか#10のときに散々シュタゲのパクリとのたまう
ニコニコ動画の頭の悪そうなコメを見てしまっていたので,
あータイムリープして人を救う話なのねっていうのは知ってしまいました.

前述のとおりとても期待していたので,
OAではなくニコ生の先行放送で#1を視聴したんですが...
...正直言うと微妙だな〜という感想しかそのときは起こりませんでした.
今でも思うんですが,暗くてホラーアニメみたいなんですよね,画面が.
で,ただでさえ画質の悪いニコ生で,なおかつ低明度・低彩度の画面,
BGMもあまり流れないし,いきなり人が死んでまた復活して意味わかんないし...
正直終始ぽかーんって感じで...
そこで一気に萎えて,まあ時間あるとき見ればいいやと
録画だけ溜めてかなり長い間放置していました...
まあ,春夏は大学の講義や同人活動に追われて
正直アニメ視聴どころじゃなかったのもあるけど.

夏コミも終わり落ち着いてきた頃,
どうも最近のシュタゲが面白いという声をよくきくようになった.
で,8月の終わりごろの夜,目が冴えて眠れなくなり,
溜まっているアニメでも少し消化しようと思い,シュタゲを#2から見始めたんですが...

...あれ?超おもしろくね!?
結局その日は朝までぶっ続けで溜まった20話ほどを見てしまいましたね.

というか,序盤はコミカルな展開が多いことすら知ってなくて意外に思いましたね.
でも,ちょくちょく"Human is dead, mismatch."とか"お前は知りすぎた"など,
妙な焦燥感を駆り立てる描写もあり,適度に緊張感を保ちつつ楽しめました.
#9でフェイリスのDメールを送ってアキバ改変あたりで,嫌な予感がし始め,#12でラボ襲撃.
リアルタイムで見てたら,ここで1クール目が終わるんですよね.

で,2クール目.こっからがこのアニメの本番だったんですね〜.
ループものと知ってしまっていたので,まゆりを助けるためにタイムリープするんだろうなとは
見当がついていましたが,実際にこう何回も見せ付けられるとキツイものがあります.
序盤厨二病で笑わしてくれたオカリンがどんどん冷めていくのが辛かったですね.
バイト戦士こと鈴羽は好きなキャラだったんで,#16の失敗した――はトラウマもんでした...
それにしても宮野さんの演技は良かったですねー.
結構感情移入してしまって幾度か泣きそうになった...

紆余曲折を経て失われたIBN-5100を何とか手中に戻して,
最初のDメールを取り消せばすべてが終わる!まゆりが助かる!
...けどそうすると紅莉栖は死ぬというどうしようもない事実.
#22でオカリンは紅莉栖を犠牲にすることを決意するわけですが,この心境を考えると辛すぎる...
この話数のEDはびっくりした.紅莉栖の犠牲が確定してなんともいえない暗い心境のところに,
α世界線では死んでいた鈴羽からの電話があり,
で,第三次世界大戦を防がなきゃって...
せっかくβ世界線に来たのに,はい?どういうこと?って感じでびっくりですよ.
この話,どうやって終わるんだよって.

そして#23.最終回の一話前.この話数はとにかくやばすぎた...
この話数のために今まで視聴してきたといっても過言じゃないと思う.
ちょっと雰囲気の変わった鈴羽の口から「シュタインズ・ゲート」の言葉が発せられ,
何!?と思ったところでOPへ突入.
OPも歌詞が2番に変わり,映像・歌詞が今までの22話分を想起させる内容になっており素晴らしかった.
ぶっちゃけ#13でOP変わらなかったとき,何で変えないのさってちょっと思ったけど,
このためだったのねと納得.
紅莉栖を助けることでシュタインズ・ゲートへと辿りつけるということで,
2010/7/28にタイムスリップするオカリンだが,ここでもアトラクタフィールドの収束により,
よりにもよって自分の手で紅莉栖を殺してしまう.
ここで紅莉栖が「私,死にたくない.怖い...」のようなことを言っているのが印象的でした.
これが彼女の本音なんですよね...
#22でオカリンと別れるときに,「岡部が覚えている限り私はそこにいる」と言うけど,
これは彼女なりの強がりだったのかもしれませんね...
そして戻ってくるオカリンと鈴羽.
「たった一度の失敗で諦めるの?」という鈴羽に対して,
「俺が何回,何十回失敗したと思ってるんだ...!」と言うオカリン.
この世界線漂流はオカリン以外誰も理解できないという状況,
どれだけズタボロに精神をやられてきたかが伝わってきて心が痛かったですね...

まゆりの叱咤を受け,そして...15年後からのムービーメール!
ここで#13からずっと続いてきた絶望的な展開から,希望の見えてくるようなベクトル変化.
これが本当に良かった.とにかく熱かった.シュタゲって燃えアニメだったんだな!!ってね.

「ちなみにタイムマシンの形式はC204型.頭文字が何を意味するか言うまでもないな」
「クリスティーナ...」
「そして目的の世界線をシュタインズ・ゲートと名づけたのも俺だ.
 なぜその名なのかも,お前なら分かるはずだ」
『特に意味はない』

この『特に意味はない』がステレオになってて,さらに特殊EDが流れはじめたりとか,とにかく熱い!!
「確定した過去を変えずに結果を変えろ!」
15年後からのムービーメールにより,ずっと沈んでいたオカリンの厨二病が復活!
太陽に向かって手を伸ばし,
「この俺は狂気のマッドサイエンティスト,鳳凰院凶真!世界はこの俺の手の中にある!」
...いや,最高だろこれ.熱すぎて鼻血出るわ.
ここで流れるEDが異常に格好よくて好きですね〜.
これが原作のOP「スカイクラッドの観測者」という曲ということを知り,
思わずCDを買ってしまいました.


で,本日先ほど最終話の視聴を終えました.
前話が凄過ぎたんで,その反動もありむしろ最終話はかなり冷静に見ることができました.
予定調和的ではあるものの,綺麗な終わり方で非常に満足です.
というか終わったという喪失感が大きくてね...


...まぁこんな感じでシュタゲ視聴を終えました.
制作に携わった方々に謝りたいですね,
ひどい手のひら返しをしてすみませんでしたと.

ストーリーは本当に面白かった.
これは原作によるところが大きいと思うけどね.
アニメに関することで言えば最初にも書きましたが,
各話の配分や台詞量などの脚本・構成は素晴らしかったと思います.
ただ,演出はちょっと物足りなかったかなと思います.
やっぱり画面の明度と彩度が低すぎますよ〜.
あとはノベル物の宿命とはいえ,もっとキャラを動かして欲しかった.
せっかくのアニメですしね.ダイナミックに動くシーンとか欲しかった.
他にもBGMが流れないシーンが多かったのが残念です.曲が足りなかったんですかね...
おそらく原作BGMと思われる曲が流れるシーンはとてもよかったんですが,
アニメ用にもっと用意して欲しかったです.

今日かな?PC版のシュタゲの廉価版が出るらしいので,
伏線整理も兼ねてやってみようかなという気持ちになりました.
あとはアニメにない世界線があるなら(?)それを楽しみにしつつ...

うん,色々取り留めのない文をぐだぐだ書きすぎた(苦笑).
とにかく,シュタゲ面白かったぜ〜!

at 02:40, 惟心, アニメ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

まだ復旧終わってないぜ〜orz

またまた適当な進捗報告.
モーションの修正およびリファクタリングをずっとやってます.
主人公の制御もスクリプト化したら大分ソースコードが
スマートになったし,デバッグもやりやすくなった.
あとは問題のブーストと射撃.
このゲームの肝になるとことがまだ終わっていない.
...大丈夫だ,これが終われば復旧も一気に進むよ,きっと



そして,あいかわらずのパンツゲー.
こんなつもりじゃなかったんだけどなぁ...

at 14:25, 惟心, Broken Desk

comments(0), trackbacks(0), pookmark